忍者ブログ
GOLDEN 2012
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セミオープン化したパジェロミニを迷彩塗装に。
引き続き車高をアップ。



・パジェロミニマックスハムスター号(02)
http://www.geocities.jp/bluesbrothers2004jp/ns_h56a/ns_h56_02.htm


PR
パジェロミニをセミオープンカーに改造してみる企画。



・ミサイル興業 パジェロミニマックスハムスター号(01)
http://www.geocities.jp/bluesbrothers2004jp/ns_h56a/ns_h56_01.htm
 さて、自転車もメンテの季節に入りましたので、マングースのチェーンリング(フロントギア)のグレードアップを試みました。交換したのはミドル及びローのギア板です。


ベースはカナダはレイスフェイスの入門機種であるRIDE-XC。ミドル及びローのギア板がプレス製になっています。




グレードアップ用の2枚のギア板。100%CNC加工品です。強度を保ちながら肉抜きによって徹底的な軽量化がされています。




ミドルギアの裏側は、ローからのスムーズなチェンジを可能にすべく、複雑な形状に切削されています。







by.BOW
 歩行が困難になった愛犬の為にサイクルトレーラーを購入しました。(アメリカのinstep社製)

しかしながらシティーサイクルのスタンドだと連結部の取り付けに難があります。
スタンドをBB付近に移動し、連結器を下向きに取り付けて連結した様子です。



スタンドの納品を待っている間に愛犬の足腰が全く立たなくなりました。
出番が無いままでお蔵入りしそうです。



 

by.BOW

  6輪アクティのアオリを外し、モンキーバハを荷台中央に積んで南阿蘇の旧車ショーに行った事がありますが、結構注目を浴びていました。6輪アクティは荷台の床面に折り畳み式のインナーフックを取り付けてありますので、アオリを外してもモンキー程度ならば固定できるのですが、アオリを外した軽トラは結構かわいい姿ですよ。何というか、頭でっかちの子供の様な…。(笑)
 
 レア度で言えば、モンキーバハよりもカワサキのKV75でしょう。
モンキーとほぼ同サイズながら75ccと言う捻くれた排気量で、レジャーブームの最中でも少数が出荷されただけで姿を消しました。



普通免許のオマケや原付免許で乗れない排気量自体が原因だと思いますが、原付(一種)でさえヘルメットの着用義務がある現在では二種のメリットは大きいと考えます。
過去に指定速度のない国道10号線を走っていてレーダーに掛かった事がありましたが、計測結果は63㎞/h。当然計測誤差以内ですからお咎め無し。これがモンキーだったら33㎞/hオーバーで一発免停。この差は大きいですよ。
警察は「ナンバーだけ二種にしても、それは税金だけの問題だから道交法上では二種にならない」と言い訳していましたが、フレームのコーションプレートに記載されてある「運輸省認定型式 第二種原動機付き自転車」の文字を見て自賠責等の他のアラを捜しはじめました。
 
KV75はモンキーのコピーと思われがちですが、コンセプトは別として、リアサスを装着したのは此方の方が先なんです。
元々輸出仕様のコヨーテから進化したMT-1に保安部品を装備した国内仕様であり、2サイクル73ccのエンジンは、何と2000r.p.mで最大トルクを発生する様にチューニングされています。
全開でも70㎞/h程しか出ませんが、レスポンスが良くてナカナカ機敏。市街地ではモンキーよりも乗りやすいかも知れません。
 
現在はハンドルやキャリアの再メッキが済んでいますが、タンクのリペイントが未だなので借り物画像で紹介しておきます。



by.BOW
 ウチには未登録のモンキーバハが眠っていたりする。
買って帰ったままの未登録新車です。



工具や取り説は勿論、登録用の書類までそのままですが、バイクにとって幸せなのか否か…。



by.BOW
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]