忍者ブログ
GOLDEN 2012
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 チャリのフォークを交換したのでレポします。
 
ドナーは所有5台中唯一のルック車であり、実用車として使用している ミヤタのリッジランナー です。
前後リジット車でしたが、腕への負担を考えてサスペンションフォークに交換して乗っていた脚車でもあります。

今回はストロークの延長とライディングポジションの変更、そして重々しいフロント周りを軽快なイメージにする目的です。

変更点はSR SUNTOUR XCC→SR SUNTOUR XCM V2ですが、廉価版シティーサスペンションである事に違いはありません。



クラウン部は塗装を剥離してホンダのナイトホークブラックマイカに再塗装したのですが、クリアの厚み分だけボテッとした印象になっただけで格段の変化は見られません。(笑)

また、リバウンドスピードが速かった為に粘度の高いグリースを押し込んだのですが、落ち着きのある動きになりました。但し縮み側のスピードも遅くなってしまい、動きが重くなったのが欠点です。(笑)
やはりダンパーなしのシティーサスペンションにトラクション確保の役割を担わせるのは無理な様で、ショックを吸収する為だけの代物だと割り切る事が必要です。
 


今回はステムを10㎜上げますので、それに合わせてステ管をカットします。



スターナットセッターを持っていませんので、スターナットは寸切りボルトにワッシャーやセンター出しのスリーブを組み合わせた自作工具で下から引き入れます。 クラウンはナイトホークブラックマイカに塗っていますが、研磨前なのでクリアが柚肌ですな。素人仕事全開です。(笑)



交換後のリッジランナー 。 やはり軽快とは程遠いイメージですな。
実用車然とした印象が払拭できないのは決して大きいサドルバッグのせいでは無いはず…。 やはりルック車は所詮ルック車。 形だけの類型車はシティー用実用車の域からは抜けられない様です。(笑)
 

結果と言うと、ライディングポジションが立ち気味になったので腰が楽になった事、それに面倒な蛇腹式ダストブーツの掃除から解放された事くらいがメリットでしょうか。
ヘッドパーツの洗浄とグリースアップを行う切っ掛けになったと思えば楽しい2時間でした。

 
 

by.BOW

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
貴殿は平成産まれ?
リッジランナーはルック車じゃないよw
ググれww
名無し 2013/05/28(Tue)21:29:29 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]