忍者ブログ
GOLDEN 2012
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 中華には完全なコピー品の他に紛らわしいバチモンがあって、SUZUKIじゃなくSUZURIというバイクがあります。もちろん墨を擦る道具じゃなく、バイクの形をしています。
 
一昔前までは「豪快」などのオリジナルスクーターが有ったりしましたが、品質は想像通り最悪だった様です。
カタログの「多効能隠密式的大容量置物箱」の意味を真剣に調べた事がありましたが、要するに「シート下のトランク」の事の様です。(笑)
 
また、「幸福250」という実用車の荷台をシートに変えた様なダサいデザインの軽二輪がありましたが、シリンダーなどは砂型の砂がハッキリと解る程の製造レベルであり、250ccながらスピードメーターはフルスケール100公里(公里=Km/h)だったのが記憶に残っています。恐らくヤマハメイト50程度の動力性能だと思われ、高速道路を走ろうもんなら1区間も走らないうちにオーバーヒートする事が推測されます。
 
30年ほど前に中国にも「長江750」なる自動二輪がある事に驚きましたが、ドイツのBMWをコピーしたソ連のウラルを更にコピーした代物で、750ccながら40馬力前後の出力でした。
コピーの更にコピーなど、まるで裏ビデオの洗濯屋ケンちゃんを思い出します。


 試しに、そんな中華から「ブツ」を購入してみました。
万一届かなくても構わない物をと思い、仕事用の靴下を発注してみた結果です。
 


ナカナカ使いにくい追跡機能ですが、使い方が解ったとしても検索結果が難解。(笑)
3日に受け付け、6日の時点で上海に有るものだと思われます。(それとも上海から出国したのか…)
 
中身の真偽は別として、一応発送はされた様です。



最近ヤフオクで欠品にもかかわらず出品し、連絡をしないまま何ヶ月も放置したりするストアの苦情が後を絶たない様ですが、それに比べれば遙かに信頼できるかと思われます。

 

 

by.BOW
PR

ニャンカクレルンカ―




by.スズキキヨミ

な――?



by.スズキキヨミ


ニャンダ―




by.スズキキヨミ


去勢された人。


by.スズキキヨミ
鉄道博物館に展示されている0系新幹線です。




ちゃんと警笛が鳴るように整備されていて「プアーン」と鳴ります。
トロンボーンのような音色でした。

特攻機の「桜花」を設計した三木忠直が0系新幹線のデザインもしています。

by.アフラ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]