忍者ブログ
GOLDEN 2012
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 以前に横浜に保存されている北朝鮮の工作船を見てきました。
日本のすぐそばに、怖い事をしている国がある事を知ってもらうための施設です。


海上保安庁の基地のすぐそばにある、旧横浜港駅の跡です。
満洲の皇帝は、この駅からお召し列車に乗って東京駅に行きました。



旧横浜港駅プラットホーム
明治44年(1911年)、横浜税関構内の荷扱所としてつくられ、大正9年7月23日「横浜港駅」となり、東京駅から初の汽船連絡列車(岸壁列車)が乗りいれました。
関東大震災の復興期・昭和3年、当時の花形外航ターミナルに沿って旧横浜港駅のプラットホームが設けられ、華やかな海外航路時代の最盛期を迎えました。



工作船が展示されている建物のすぐ横に停泊している「しきしま」という巡視船です。
海上保安庁の巡視船で一番大きいらしいです。



工作船が展示されている建物です。




 

by.アフラ
PR
 やはりシースルーなスケルトン。



内部はドールハウスの如きポルチコポピリンの秘密基地になっている。
某展覧会で高く評価された作品。




何とも気色イイ色形の謎生物たち。

この個展会場内の展示物は全て販売可能という。




お脳の辺りがザーザーします。





by.ネメシス



 デカUFOとポピリンの他にも不思議系作品が大量に展示。



オーパーツ系アイテムの数々。
何か電波系の小物類。



コレはカッコイイ、その名もオーパーツ。
中には水晶ドクロやなんかが製品よろしく収まる。
この金属ケースがまたクール。 ケースもワンオフ。



by.ネメシス
 ポルチコ歩ピリンさん。
ミュータントだと思うんですな。
中々デザイン的にも完成度高いよね。



写真の地球人が捕獲してる方は量産型。 販売してます。 シリアルナンバーあり。
隣の小ぶりの方は立体化だ居一号モデル。



コチラは電脳化版。
世の中に3台ほど現存するらしい。
半球型の眼球がそれぞれ謎の映像を投影する。



by.ネメシス
仲間の知人である造形作家ご夫妻の個展・『サバコ展 ポポルグリフとUFOパビリオン』を観覧に赴く。
 大分県片田舎の山中の朝倉文夫記念文化ホールにて、2012年7月16日まで開催中。 月曜休館、入場料200円。


 そしてオモムロに会場内に潜り込む。
デケえ! ここまで気合たっぷりに巨大なUFOは見た事無い。




 UFO内部には自由に入れる。 その一部。
中は不思議空間がユンユンしている。
電波系がお好きなマニアは全身銀タイツでいらっしゃい。




by.ネメシス

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]