忍者ブログ
GOLDEN 2012
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 スピーカー全体を正規の位置に戻し、大きめの音量でエージングします。この際、色々なジャンルの音楽で慣らした方が良い様です。

ネットオークションで中古を落札した為にメーカー出荷時の音とは比較できませんが、前回修理したSC-101よりもfoは低く設定されている印象で、音圧は高くないものの、低い周波数も再生されている様です。
また、奥行き感はSC-101に譲るも、広がりは勝っている感じです。
音圧が88dB/Wと低い為にアンプを選びますが、男性女性を問わずヴォーカルのつややかさが特徴的です。
位置づけとしては3ウェイではなく、2ウェイ+スーパートゥイーターとあくまで2ウェイが基本となっていますが、トゥイーターの19KHz付近が一番落ち込む特性をスーパートゥイーターで補っている様で、周波数特性のグラフでは10KHzから徐々に盛り上がり、19KHz付近では7dB前後補正しています。(私の耳では大差が無い様に思えますが、シンバルの余韻に差が出ている様に聞こえます。)

DIATONE DS-201:1978年発売 32,000円/1本 2/3WAYブックシェルフ型アコースティックエアサスペンション方式 ウーファー20㌢コーン型 トゥイーター5㌢コーン型 スーパートゥイーター1.6㌢ドーム型 再生周波数 40~25KHz 音圧88dB/W/m クロスオーバー周波数 1.5KHz 10KHz

   


20㌢コーンとしては巨大なマグネット。サブスピーカーのDS-5Bの10㌢ウーファー全体よりも大きい事が解ります。



ほぼ新品の特性に近づいたと思われるDS-201



エッジもこの様に柔らかくなり、バスドラムの再生時もコーンがしっかりストロークする様になりました。しかしながらダンプ剤が抜けている訳ではなく、密閉式システムとして生きています。



 

by.BOW
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]