忍者ブログ
GOLDEN 2012
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回は懐古ネタとしてトイトランシーバーを紹介したいと思います。
 
 昭和30年~40年代生まれの世代には懐かしいトイトランシーバー。
高度経済成長期に放送されていた「コンバット」や「スパイ大作戦」に登場するトランシーバーは当時の子供にとってはあこがれの的だった。

電線を使用せずに通話が出来るトランシーバーは正にハイテク機であったが、一日の小遣いが10円程度の子供にとっては数千円のトランシーバーは高嶺の花であり、小さな町のオモチャ屋には置いていなかった。

実物を目にするのはデパートのオモチャ売り場だったが、ショーケースの中に飾られたそれをガラス越しに見るのがせいぜいの時代だった。
そんな高級玩具に憧れる子供の心情を巧みに利用したのが露天のくじ引きであり、お祭りの際にはよく騙された。
大人の目で見れば日焼けしたパッケージを見るだけで絶対に当たらない事は一目瞭然であったが、当時の子供は騙される為に存在していたのかもしれない。

携帯電話が当たり前の現在からすれば、かまぼこ板に釘を打ち付けた代物でスパイごっこをしていた当時の子供は純朴だった様に思う。
 


サンタクロースのマークで有名なアサヒトイのトランシーバーの外箱。



本体は完全なトイトランシーバーで、通話はせいぜい100㍍程。見通しの利く場所でも300メートルが限界だった。
スケルチもボリュームも無く、通話ボタンとスイッチのみのシンプルな構成。スイッチONと共にザーザーとノイズが出っぱなしであったが、とそれでも無線で通話が出来るだけで子供の憧れだった。



外箱を開けると更に1台入りの小箱が収納されている。パッケージ自体はスチロール製のモナカ構造であり、 小箱自体はそれを包む帯の形状になっている。



 尚、アサヒトイは実際に調理が出来るママシリーズでリアルママゴトの基礎を築いた玩具メーカーであり、ピンクレディーを起用した子供用化粧セットで一世を風靡したが、昭和54年に倒産している。
モスクワオリンピックに急遽不参加が決定した際にマスコットであった「こぐまのミーシャ」が大量在庫になった事が切っ掛けとなり、後の海外生産品の不良品大量発生によって息の根が止まったと言われている。
 
 
by.BOW
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 戦艦三笠 1 HOME mazda HR-X >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/28 名無し]
[05/30 ネメシス]
[05/30 履歴書の資格]
プロフィール
HN:
ゴーストライター
自己紹介:
実直が美徳だった日本は何処へいったのだ!?



懐古な趣味と報告



企画:しげ幽鬼

編集人:ネメシス

バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]